マスクは家庭で?

 今年の卒業式はマスク着用を家庭に委ねるらしい・・・が、一転「何も決まっておりません。」まもなく新型コロナも5類になるし、神経質にならずにいきましょうや、と聞こえる。もしかすると保護者も大方の声がそうなのかもしれない。しかし学校現場でこれを聞くと判断が分かれる。早いところで高等学校の卒業式は2月の下旬。まだ大学受験が控えている神経質な時だ。マスクを外して式に臨む同級生がいるならば、我が子は万が一のために休ませる、そんな分断の卒業式になるかもしれない。学校としてそれは困る。そういう悲しい判断を家庭に委ねるのには反対だ。もちろん強制もまたできない。強く勧める根拠が消えているということだ。

 このニュースを聞いたSNSでの保護者の声で「決めてもらったほうが混乱がない」というものがあった。一読して自分で決められないのか?と考える人もいるかもしれないが、確かにその保護者のおっしゃる通り。これは主体性がないのではない。責任ある立場の人が責任ある判断を示すのは当然だ。一度口に出したものをコロコロ変えられると不安になる。

 

 新型コロナで慣れてしまったことの一つに、「判断を他に委ねる」ということがありそうだ。他とは専門家であったり、信頼できる筋:例えば上級庁であったり。全く関係のない人たちではないにせよ、そういう人たちの言葉には「黙って従います」という風潮だ。学校にすれば一面実はありがたい。これは式典に限らず平常の生活でもそうだ。マスクは万能ではないしやはり弊害もある。それはたくさんの保護者から懇々と聞かされて一つひとつ頷けるものだった。どこで仕入れる情報か全く専門家のような口ぶりだった。

 

 卒業式に保護者や来賓を入れても良いという報道もあった。保護者はともかく来賓がいないだけで学校の労力はずいぶん減るのだ。元に戻さないでほしい。新しい形の卒業式も立派な卒業式でたくさんの工夫が凝らされて私は好きだった。できるできないはヒヤヒヤするけれどシンプルで心温まる式が良い。今になって体育館は風通しが良いから大丈夫、だの式典は本来会話は少ないだの言わないでほしい。

 

 いっそ主役である子どもたちに決めてもらうと良い。そして子どもが直接マスクをする、しないを宣言すると良い。そんな卒業式が見たい。あったら教えてほしい!

コロナを五類に・・

 コロナとインフルエンザが多くなってきた。お医者様もそうだが、学校で欠席が増えてくると巷での感染状況が肌で感じられる。政治家はともかく、専門家の言には従うしかないが現場感覚としては、コロナとインフルを同格に扱うのはどうかと思う。かつて新型インフルエンザが入ってきた時、学校で初めて「パンデミック」という言葉を学び、社会がどういう対応をするのか、それに伴い学校がどう子どもたちを守っていくのかを議論して早々に対策を考えた。

 

 まず電話回線だ。学校の固定電話は当時2回線。公衆電話(・・があった)1台。欠席が増えた時、学年で振り分けて健康状態の聞き取りをすることにした。まだ携帯が学校配備されていなかった。それでも回線は塞がるだろうということで、あらかじめ保護者には問い合わせを遠慮していただくよう通知し10円玉を大量に用意した。何とアナログな世界だったろう。でも対応は早かったと思う。その後1週間の休校措置が取られ、我々は準備万端自習課題も準備済みだったけれど夜8時ごろに職員全員集合の連絡があった。何のことはない。「休校します」と伝達するだけの集合だ。全く上位下達の儀礼というか・・・。うちの学校はとっくに約束もルールもできていて保護者周知もしている、なぜわざわざ集まるのですか!と管理職に詰め寄ったのを覚えている。若かったなあ。

 

 今はネットで瞬く間に連絡もできる。欠席連絡もメールで受けている学校もある。(これはどうかと思うが)児童生徒数が多かったり、ふ登校件数が多いとやむを得ないのかもしれない。再開された学校行事やテスト前のコロナは本当にかわいそうだが、インフルエンザも厄介だ。今の取り決めではまるまる1週間は投稿できない。先生方ももちろんだ。目に見えないものに対する危機管理は本当に気をつかうし学校のエネルギーも消耗する。家庭もそうだろう。

 

 もっと早く収束するかと思っていた新型コロナ。5月8日で普通の病気になるわけではない。経済を回すことはもちろん大切だが、私はやはり出かけることや外食することは極力控えたい。そういう人が増えることを祈る。マスクひとつ学校で「外す」「どちらでも良い」などと決めることは難しい。相対する考え方がぶつかって国民が分断されないことを願う。

 

 

採用前研修

 何と今から採用前研修が始まった。OJTがあたりまえの教師の世界、異例だ。でも追随する市町が今後出てくるだろう。見方を変えて採用予定者さんはどうなのだろう。研修の内容や質にもよるが、テレビのインタビューでは前向きだった。優等生のお答えだ。8割程度が参加されたようだ。そうだろう。そんな時に欠席というのは余程の事情があるに違いない。日本人は同調圧力の強い国だ。

 

 振り返ると、採用前は大学生活最後の時間を友人と楽しんだり、スキーに行ったりしてたかな。確か採用前研修は短いけれどあったように思うが、そんなことを忘れて旅行に行っていて慌てて引き返したこともある。だいたいかの市の平成○年組という伝説の年度があり、夏に行われた新任研修で場所が○○島だったこともあって、水着や浮き輪持参、スリッパ履き短パン姿の新人たちは集合場所で一喝され出直したという話を聞いた。その人たちが研修の講師なのだから世の中わからないものだ。破天荒な人も魅力的だ。教師としてのHOW TOも大切だけれど、いかに自分の魅力を自分で引き出すか、プロデュースするかが勝負なのではないか。

 

 だから新人の皆さん。教えられたことが全てと思わないで、これさえやれば安心と思わないでどんどん自分磨きをしてください。今はまだ民間人。アルバイトもできるしお金も稼げるのだから。4月になれば「やめたくてもやめられない苦しみ」にいつか喘ぐことになるかもしれない。そうならないように願い、応援するけれど負けない自分を創ってください。そして子どもたちに幸せ光線を浴びせてあげてほしい。言葉で言ってはいけない

 

 いけない。生意気が過ぎた。自分がまだ追い求めている境地だ。

1月

 1月が終わる。早い!1月は行く、2月は逃げる。3月は去る、と言ったのは誰だったか。日本の3学期は日数が少ない、でもやる事は多い。日本中の6年生の担任の先生は気を揉んでおられるに違いない。

 

 3学期は1年間の成果も課題も全部出てくる学期である。正直見過ごしたなあと思っていたことはこの時期に出てしまう。登校しぶりがふ登校に、学習の取り組みの甘さを保護者に指摘されたり・・・。根気強く言い続けてきたことが何となくできていたり(T . T)。卒業式をはじめ3学期、いや1年間最大の学習が「別れ」と「再出発」である。有終の美が感じられるようにいい時間を過ごしてもらいたい。子どもの立場で、あと○日と1日1日を惜しむように過ごせたら最高!その逆も残念だけれどある。今の立場にいると、もちろん逆の声を聞くことが多い。

 

 かわいそうだな、と思う。teacherにも忠告はするのだがなかなか改善しない。wetなのは日本だけか?情に訴えても難しい。だいたい今は2学期だ。卒業式は6月。でも日本の年度に合わせて転校する子どもたちもいるんだけどなあ。

 See You tomorrow     See you again     英語のお別れ言葉。昨日を最後に転校する子どもは See you again と言った。同じ意味のドイツ語が、Auf Wiedersehen  だ。

 

 wetではなく明るい。元気ならまた会えると信じている。日本語の「さようなら」はかしこまって言うとやはり悲しさも伝わる。卒業式で使うとまた独特の重みを持って伝わる。そこに決意が込められるからだ。

かけこみ寺

 古い言い方かもしれないが、この部屋はかけこみ寺だ。さんざん胸の中に溜まったネガティブなエネルギーを放出していく。そんなにたくさん抱えているんだなあ、と切なくも思うし何とか楽にしてやりたいとも思う。感情移入してしまったらダメなのかもしれないが共感する部分が多い。あっもちろん日本語で受け止めて日本語で話す。

 

 もともと小学校の出身なので、中学生は相手をするのも大変だ。そんな中で尊敬されてやまない先生の話も聞く。すごいと感心してしまう。日本の教育はきっとそういう人たちに支えられてきたのだろう。自分もそう思われていたのだろうかと考えると恥ずかしい。

 

 学校の仕事は終わりはない。子育てを考えればよくわかる。どこが終着点か?そんなものはない。米寿になる我が母もそう言っている。批判を恐れずにいうと学校の先生がしんどいのは、その仕事のほとんどが押しつけられたものだからだ。放課後の教室でひとり、1日を振り返りながら明日の構想を練る。そんな時間が30分でも取れたらだいぶ幸せで、日本の教育は少し変わる。

 

 新人の頃は田舎の学校だったけれど、そういう時間が少しはあった。今は次から次へと文書がメールでやってくる。その数1年間で3000に近い。数えてみた人がいた。

 せめて1割いや2割、減らせてやれないか。公立学校の上級庁様。ここは私立、文書だけはほとんど来ない。出張もない。

 それでも子どもたちは不満がある。きっとどこに行ってもあるんだよ。

フィンランド

お題「人生で一度でいいからいってみたい国ってどこですか?」

 フィンランドです!ヨーロッパ駐在中に何度か行くチャンスはあったのですが実現していない、というのが1番。オーロラと聞いておこがれるのは日本人ぐらいで、ヨーロッパの人は特段興味の対象ではなく、オーロラツアーとかは現地でもたくさんあるけれど、見る事ができた人の話を聞いていないこと。

 教え子の話によると、特に冬場は(1年のほとんどは冬と考えてもいいらしいですが)気温が半端なく低く、ホテルの庭に出てはいけない、体内の水分が凍って死ぬとキツく止められるとのこと。ホテルに缶詰なので退屈で仕方がない、時々犬ぞり体験とかイベントをやってくれるものの特に面白くはない。命懸けの旅行のわりには得るものが少ないと。トナカイばかりを食べていて正直飽きた。もう行きたくない。

 

 自分自身のイメージの良さに比べてネガティブな評判しか聞かなかったけれど、このギャップ萌えとでも言いましょうか、行ってみたいです。トナカイも食べてみたいしサウナに入って雪の中に飛び込んでみたいと思います。オーロラ見えたらもう満点!

 

学びの形

 現場では「ホームスクール」という考え方と学びの形態が課題になっていたことがある。課題といっても小さな話題だった。利用者がまだ少なかったのだ。

 今や民間人なので、どちらかと言えば軸足をホームスクールに移している気がしていて、議論になったら難しいなと思う。実際大きな団体がいくつかある。私企業が大資本でかかると大きな力となり、また法律の隙間を縫うような議論になり混乱するのは現場だ。

 

 それは保護者の就学義務と教育の機会均等の問題だ。例えばインターナショナルスクール。有名人の子女が通う首都圏のスーパーインターから無認可のインターまで多種多様の形態がある。「外国人学校」として各種学校の認可が出ていれば自治体からの補助もそれなりに手厚いが、そうでなければ規模に比べて保護者負担も大きいはずである。いずれにせよ学校教育法に定められた1条校ではないので、小中学校の卒業資格は得られない。公立学校に在籍しているけれども、実際はインターに通う二足の草鞋作戦でしのいでいる。インターの長期休みに時々登校、というように。さてそういう子どもに、保護者に、卒業認定するのか否か。校長先生の苦悩が浮かんでくる。中学校は高校受験があるのでますます切実だ。どうあってもとにかく在籍校とはいい関係で連携してください、そうお願いしている。

 

 何らかの事情で学校に行けない子どもたちは支援したい。しかし積極的にホームスクールを選ぶ家庭とその子どもたちは優先順位として後になる。なぜホームスクールを選ぶかは、なぜ在籍校を選ばないのかという突き詰めた問題になる。そこはしっかり議論して学校内で引き継ぎたい。

 

 ホームスクールも結局やっている教材は学校で使っているICT教材と同じだったりする。やはりやりっぱなしは飽きる。メンターなり担当のひと言は欲しい。親の希望も率直に聞くべきだろう。そこに月◯万円。意外に高いものだ。自分が小学生の親なら選択はしない。

 

 教育も金。言いたくないが今の学校にいるとそう思える経験は少なくない。そして海外の巨大資本:インターナショナルスクールが次々に日本の学校法人を買収して登場している。ある学校は全寮制年間900万だそうだ。

 そこはちなみに学校法人を持っているので1条校。小中の卒業には問題ない。

 長くなりましたが🙇‍♂️